男性

給与計算でトラブルを起こさないためにやるべきこと

会社の業務を効率化する

会社

ワークフローシステムを導入すると、スタッフや情報の動きが一目瞭然になります。それにより、大きな経費削減効果を期待できるのです。そして、ワークフローシステムを探している会社は、比較サービスを頼りにしています。比較サービスでは膨大な数のワークフローシステムが、人気順に並べられているからです。

もっと読む

タイムカードの進化形

ネット

給与計算に欠かせない勤怠データは従来タイムカードによる打刻で記録していましたが、この方式には多くの問題点があります。現在では電子的な記録方式の勤怠管理システムが主流で、ICカードや指紋による認証も可能です。特にクラウド型の勤怠管理システムは、携帯電話やスマートフォンを使って外出先でも打刻できます。

もっと読む

給与の計算

電卓を貯金箱

給与の計算で知っておく点

給与計算を行う際に知っておくと良い点があります。それは従業員が受け取る際に課税されるものと非課税のものがあるという点です。当然基本給や諸手当などは課税されますが交通費については一定の範囲内であれば非課税とされています。したがって給与計算する際には交通費分については必ず基本給などとは別途支給し、源泉所得税の計算を行う際には注意する必要があります。また支給する企業側が知っておくと良い情報として給与計算システムを利用することによって簡単に素早く計算することができます。残業手当など毎月金額多少増減する部分もあるため毎月計算することは経理もしくは事業主に少なくない負担となります。給与計算システムを使うことによってこういった負担を軽減することができます。

給与の計算で工夫する点

給与計算を行う際に工夫する点があります。それは源泉所得税の納期の特例を利用するということです。源泉所得税とはあらかじめ事業主が従業員に給料を支給する際にその従業員が納付すべき所得税を定められた方法に従って天引きした上で事業主が原則として毎月納付するという制度です。この制度が確立されていることによって従業員は確定申告などを行う必要がなく年末調整のみでその年の税額を決定することができます。工夫する点としてはこの源泉所得税の納付は原則毎月となっていますが、雇用している従業員が9人以下であるなどの要件を満たす場合には納期を半年に1回とすることができます。この納期特例を利用することによって事務負担を軽減することができます。

会社の成長に必要なこと

男女

安定した経営をしていくことが求められていますが、そのためにも従業員の内発的な動機づけが欠かせません。従業員の内発的な動機づけを促すためは会社の組織改善が必要であるため、最近はモチベーションマネジメントと業とする会社からコンサルティングを受ける会社が増えてきました。

もっと読む